初心者アフィリエイターの人と話をしていると、みなさん間違いがちなのが、ビックキーワードで上位表示させなければ、アフィリエイトで稼げないと思っていることです。

もちろん、ビックキーワードで上位に表示できれば、大きな金額を稼ぐことができますし、アクセス数も多いです。そして、アフィリエイトで勝利したと満足する人もいることでしょう。

しかし、ビックキーワードで上位表示を狙うことは、アフィリエイト初心者には無謀と言えます。なぜなら、ビックキーワードは、上場企業や、ビックアフィリエイターなどの実力も資本もある人達が狙っているからです。はっきり行って、レベルが高すぎます。

サッカーを初めて1ヶ月の人が日本代表のサッカー選手に勝とうと思うくらい、無謀です。

では、アフィリエイトで稼げないじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、早計すぎます。

ビックキーワードでなくてもアフィリエイトで稼ぐことは可能なのです。

ビックキーワードで上位表示させなくてもアフィリエイトで稼ぐ方法

ビックキーワードで上位表示させなくても、アフィリエイトで稼ぐことは可能です。例えば、複合キーワードで「〇〇ダイエット 効果」で100記事くらい書くわけです。そしたら、細かいキーワードでアクセスはさすがに拾えるようになります。

それらの細かいアクセスがたくさんあれば、たとえ「ダイエット」と言うビックキーワードで上位に表示されていなくても、1日に数百アクセスとかは取れるようになってきます。

上位表示しているライバルサイトの実力は?

SEOで上位表示しようとした場合に、重要なことは、自分が狙っているキーワードで、上位に表示されているサイトの実力を知っておくことです。

なぜなら、検索エンジンで上位表示される評価基準は相対評価となっており、どちらのサイトの方が価値が高いかということで決まるからです。

では、何を基準に価値を高いと判断しているのでしょうか。残念ながら、この質問について、明確な基準というのは、公表されていません。Googleのアルゴリズムが勝手に判断しているだけです。

ただし、最も大きな判断基準として考えられるものがあります。それは、被リンクです。被リンクとは、上位表示されているサイトが、どのくらい他のサイトからリンクをもらっているかということです。現状としては被リンクの数が多いサイトの方が、検索結果で上位に表示される傾向が高いです。

なぜなら、リンクをもらうということは、上位表示されているサイトが価値があるからだと考えられるからです。したがって、基本的には、被リンクの数が少ないサイトよりは、多いサイトの方が、価値が高いだろうと考えられるのです。

もちろん、被リンクの数だけでは、本当に価値が高いサイトなのか分かりませんので、他にも様々な判断基準があるのですが、何がどれだけ影響力があるのかは分かりません。ただ言えるのは、被リンクの数は重要な判断基準になるということです。

また、被リンク数を調べたい場合は、検索エンジンで以下のように調べてみましょう。

「link:サイトのドメイン」

具体例「link:http//www.yahoo.co.jp」です。

また、被リンクの数でどのくらいライバルが強いか目安もお伝えしておきます。

被リンク数4000以上 難易度が非常に高い

被リンク数1000~4000 難易度は少し高い

被リンク数1000以下 難易度が低い

なので、これから新規参入をしようとした場合、被リンク数は1000以下のキーワードを選ぶようにしましょう。

他にも、ライバルの難易度をチェックするするツールとして、以下のようなものがありますので、使ってみると良いでしょう。

http://rishirikonbu.jp/difficulty_checker/

ツールの詳しい使い方については、まだ別の記事で紹介していきます。