GoogleアドセンスとはGoogle社が提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスのことです。

Googleアドセンスはアフィリエイトとは異なり、広告をクリックされるだけ報酬が発生します。そのため、収益を獲得することがアフィリエイトよりも簡単なため、まずはお金を稼ぐ感覚を身につけたい人には、非常におすすめです。

Googleアドセンスの特徴として、あらゆるジャンルの広告を網羅しているので、どのようなサイトでもマッチしてしまうところです。

Googleアドセンスはアフィリエイトと大きく異なり、広告を最適化してくれます。自分で広告を選択する必要はありません。従って、Googleアドセンスで成果を出すなら、やることはサイトのアクセス数を伸ばすことに特化することです。

もちろん、よりアドセンス広告をクリックしてもらうように修正していくこともありますが、まずは何よりアクセス数が大切となります。

Googleアドセンスで成果を出すための具体的な手順

Googleアドセンスの報酬は、広告のクリック数×広告のクリック単価で決まります。したがって、アドセンス報酬を稼ごうとすると、アクセス数を多いサイトを作成するか、クリック単価の高い分野のサイトを作成するかの2択になります。

では、具体的にどのように作っていくかをお伝えしていきます。

アクセス数が多いサイトを作成する

アクセス数が多いサイトを作る簡単な秘訣はトレンドキーワードを利用したサイトを作ることです。

トレンドキーワードとは最近流行しているホットなキーワードを使って記事を書くことです。

トレンドキーワードを選ぶメリットはライバルが少ない上にアクセス数が多いということです。

ライバルが少ない理由としてはトレンドキーワードが出た瞬間に一斉にみんなが作り始めるため、 平等の状態でスタートできるのです。

反対にデメリットとしては、トレンドキーワードは廃れやすいため、一時的に爆発的なアクセスを稼げたとしても、すぐにアクセス数がなくなっていきます。

それゆえ、トレンドキーワードを常に追って、記事を書いていかなければいけません。

クリック単価の高い分野のサイトを作成する

次にクリック単価の高い分野についてお伝えしていきます。アドセンスの広告は、広告によって単価が異なります。例えば、1クリック10円の広告もあれば、1クリック100円の広告もあります。

1クリック平均50円のサイトであれば、1日10クリックされたら、1か月で15000円になります。

では、広告の単価が高いか低いかはどのように見極めたら良いのでしょうか。広告単価を調べるためには、Googleの御見積り計算ツールがおすすめです。

御見積り計算ツール

御見積り計算ツールを使うと、指定したキーワードに対して、企業がどれくらい広告費を使っているのかが分かります。

広告の単価が高いということは、出稿しているライバルが多いということです。イコール儲かるキーワードということでもあります。

ちなみに御見積り計算ツールで表示された金額の約10分の1がGoogleアドセンスの報酬金額になります。