アフィリエイトで稼ぐためには、アフィリエイトプログラムをしっかり選ぶことが重要です。

まずは稼げる分野を選定し、その後に稼げる商品を選びます。

稼げる分野の選び方については、別記事でも説明していますので、確認しておいてください。

アフィリエイトサイトのジャンルとテーマについて【基礎講座#3】

アフィリエイトで稼ぐためには稼げる分野であること

では稼げる商品とは、どういう商品のことを意味するのでしょうか。稼げる商品には2つあります。

1つは単純に売れる商品です。これは分かりやすいですよね。

もう1つは報酬の高い商品です。

ここでアフィリエイトを始めた動機をもう一度考えてみましょう。アフィリエイトの目的は稼ぐことですよね。稼ぐためには、自分の収入を大きくしてくれる商品を紹介しなければいけません。

例えば、ものすごく売れる商品であっても、報酬単価が安いと全然ダメな場合もあります。反対に、報酬がすごく高くても売れない商品を紹介してもダメです。

月に1000個売れる商品でも1個の報酬単価が100円だと月10万円しか報酬になりません。月15個しか売れない商品でも1個の単価が1万円なら、月15万円です。

反対に、1個の報酬単価が3万円でも、月に10個売れる商品であれば、月に30万円ですが、1個の報酬単価が1万円のであれば、月に10個売れた場合、月10万円にしかなりません。

つまり、アフィリエイトで自分の報酬を伸ばすためには、売れる個数と報酬単価の両方を考慮して、どの商品を紹介するか選ばなければいけません。

さらに言うと、アフィリエイトの場合は、承認率も大きな影響を与えますので、絶対に確認しておかなければいけません。

販売個数、報酬単価、承認率の3つは必ず確認しましょう。

アフィリエイト報酬が高い分野とは

アフィリエイト報酬が高い分野とは、簡単に言うと、成約までのハードルが難しいものです。

例えば、アフィリエイトでは、資料請求で報酬が発生するものもあれば、本人来店で報酬が発生するもの、1万円の商品を購入して報酬が発生するものもあります。

難易度で考えると、無料よりも有料のサービスに申し込んでもらう方が難しいですよね。従って、難易度が上がるにつれて、アフィリエイト報酬も上がる傾向にあります。

ではもう少し具体的にアフィリエイト報酬が高い分野とはどのような分野のことでしょう。アフィリエイト報酬が高い分野は以下の通りです。

自動車

転職

保険

クレジットカード

株式投資

FX

脱毛

ブランド物

高額なアフィリエイト報酬の目安は1件5000円です。アフィリエイト報酬の場合、通常単価とは異なり、特別単価というものもあります。

特別単価とは、アフィリエイトで実績をあげている有能なアフィリエイター向けに、積極的にアフィリエイトしてもらうために通常よりも高い報酬を支払うことです。

特別単価で5000円を超えるような案件であれば、十分高いアフィリエイト報酬と言えるでしょう。しかし、特別単価の金額を通常のアフィリエイターは知ることが出来ません。ASPの担当者に直接聞いたり、広告主と直接交渉することで知ることが出来たりします。

なので、初心者アフィリエイターにはちょっと辛い所ではありますが、アフィリエイト報酬の金額が高い目安として5000円というものを基準にするのが良いでしょう。

CVRが高い分野とは

CVRとはConversion Rateの略で顧客転換率を表します。簡単にいうと、クリックした数に対して何人購入してくれたかを表す割合のことです。

例えば、100クリックされたとして、5人が購入してくれた場合、CVRは5%になります。100クリックで7人購入してくれたら、7%です。

従って、CVRが高い数字の方が、商品を購入してくれる可能性が高いです。サイトのアクセス数が物凄く多いのに、サイトの収益が低いのは、CVRのせいなのです。

1万アクセスのサイトで200クリックされて、CVRが2%であれば、4件しか購入されていないことになります。

反対に、100アクセスしかないサイトでも、50クリックされて、CVRが20%であれば、10件購入されていることになります。

つまり、どれだけアクセス数が多くても、CVRが低ければ、アクセス数が少ないサイトでも稼げている可能性があります。意外とそのパターンはアフィリエイトでは多いです。

なぜ、そのような現象が起きるのかというと、検索されたキーワードによってかなり異なることになります。

例えば、「○○無料」と検索している人に対して、○○を有料で買ってもらえることはほぼありません。よってCVRは低くなります。「○○最安値」と検索している人には、○○を一番安く買えるところを教えてあげれば、○○を購入してくれる確率はがくっと上がります。

なので、サイトの記事を書く場合、いかに購入してくれやすいキーワードかを考えて、作った方が良いです。

また、CVRはどれくらいの数字であれば、高いのか低いのか目安となる一般的な数値についても紹介しておきます。

・一般的な検索キーワードではCVR 1%

・商品名などのキーワードではCVR 10%

・リピーターへの販促メールはCVR 10%

となります。

ASPによっては、CVRのデータを教えてくれる所もあります。また、担当者がいれば、調べて教えてくれることもあります。

アフィリエイトしたい商品を選ぶ時は、CVRがなるべく高い商品を選ぶようにしましょう。

初心者におすすめの儲かるアフィリエイトプログラムを探すポイント

これまでアフィリエイト報酬が高い、CVRが高いということを前提に紹介してきましたが、それらの判断基準は必ずしも正しいわけではありません。

なぜなら、商品の価格が高すぎる場合、簡単に売れない商品である可能性が高いからです。また、有料の商品を販売することは、無料の商品を紹介するより、はるかに難易度が上がります。

そこで、初心者アフィリエイターにおすすめの儲かりやすいプログラムを選ぶ基準について紹介していきます。

ポイントは3つです。

・無料の案件

・購買意欲が高い案件

・継続的に売れる案件

以上の3つを参考に選択していくことをおすすめします。

まずは、無料の案件についてです。

無料系のアフィリエイトプログラムには、以下のようなものがあります。

・保険会社の無料見積もり

・転職サイトの会員登録

・資格などの資料請求

無料系のプログラムは、アフィリエイト報酬も発生しやすいのですが、報酬単価が低いこととライバルが多いことがデメリットになっています。

しかし、それ以上にアフィリエイトを初めて間もない人には、とても参加しやすいプログラムですので、是非ともアフィリエイトして欲しい案件です。

次に購買意欲が高い案件についてです。

購買意欲が高い案件とは、消費者がどうしても欲しいと思っている商品のことです。悩みが深いものや生活必需品などが該当します。

悩みが深いものの例としては、育毛剤や脱毛に関する案件から、バストアップやシミやしわなどのコンプレックスを解消するための商品などが該当します。

生活必需品の例としては、パソコンや生活家電から、食料品や衣服などが該当します。

悩みが深い案件については、高単価の案件が多く、生活必需品の場合は、成約件数が増えやすい傾向にあるので、おすすめです。

最後に継続的に売れる案件についてです。

継続的に売れる案件とは、一度商品を購入してもらうと高確率で同じ商品をリピート購入してくれる案件のことです。

継続性がある商品には、商品価格が1000円なのにアフィリエイト報酬が2000円をもらえたりするプログラムがあります。なぜなら、リピーターを獲得することが結果的に大きな利益を生むことを企業側は理解しているからです。

例えば、野菜の定期宅配サービスや、育毛剤の試供品や、クレジットカードの新規入会などが該当します。

ユーザー属性を意識してプログラムを掲載する

どれだけアフィリエイトしてもサイトに訪問してくれるユーザーとマッチした商品を紹介しないとアフィリエイト報酬は伸びません。

クレジットカードのサイトを作成しておいて、扱う商品が育毛剤では売れないですよね。さすがにそこまでジャンルが離れていると分かりやすいですが、クレジットカードのサイトで仮想通貨を取り扱うのは考えられなくはないかなといったところでしょう。

しかし、やはり、クレジットカードのサイトであれば、クレジットカードを紹介すべきなのは言うまでもないでしょう。そのうえで、おすすめなのは、どのようなクレジットカードを欲しているユーザーなのかを絞って紹介することです。

例えば、年会費無料のクレジットカードを求めている人に対するサイトなのか、それともポイント還元率の高いクレジットカードを求めている人に対するサイトなのかで、アフィリエイトの成約率は格段に変わってきます。

改めて、自分のサイトは誰に対する訴求をするのかを考えてみましょう。