今回はアフィリエイトサイトの作り方について説明していきます。

まず最初にアフィリエイトサイトには無料ブログで始める方法と有料ブログもしくは有料サイトで始める方法があります。

基本的には、有料ブログまたは有料サイトで始めてください。理由はアフィリエイトで稼いでいる人は例外なく有料ブログまたは有料サイトを運営しているからです。

無料ブログだけを運営しているというアフィリエイターに出会ったことがありません。つまり、有料ブログまたは有料サイトを作成することは必須条件だと考えてください。

当然、無料でケチっている人よりもお金を払って本気でやっている人の方が稼げるに決まっていますよね。覚悟が違いますから。

ちなみに無料と有料の違いについて簡潔に述べると無料の場合はカスタマイズするのが難しく、せっかく作成したコンテンツをサービス提供側のさじ加減で勝手に削除される可能性があるからです。

それに比べて有料の場合はカスタマイズしやすくコンテンツを勝手に削除される事はありません。

無料ブログというのは例えばアメーバブログだったり、FC2ブログだったりSeesaaブログだったりがありますが、管理出来る権限が自分にはないのが特徴です。

つまり、アメーバであれば、サイバーエージェントが不適切だと思ったらブログは削除されます。同様にFC2やSeesaaが不適切だと思ったらブログは削除されます。実際に削除された例を数多く見てきました。

アフィリエイトで本気で稼ごうと思うのであれば必ず有料ブログもしくは有料サイトにしてください。アフィリエイトは非常にコストがかからないビジネスです。残念ながらここで投資できないようであればアフィリエイトはやらない方が賢明です。

アフィリエイトのランニングコストとは

では、有料ブログもしくは有料サイトを作るには幾らの費用がかかるのでしょうか。有料とはいえ、サイトの運営に当たって、かかる費用とはドメイン代とサーバー代くらいです。

ドメイン代は年間約1000円です

サーバー代は年間約15000円です

二つ合わせると年間約16000円です。

もちろん、どのような契約にするかによって金額の前後はありますが、概ね上記の金額です。他にも外注さんに記事を依頼したり、デザインを作ってもらったりなどすれば、もっと費用はかかってきます。

しかし、自分で始めるに当たって、すべて自分で記事を書いたりすれば上記の最低金額でアフィリエイトを始めることが可能です。

それでは早速、アフィリエイトサイトを作っていきましょう。

ドメインについて

まずはドメインを取得しましょう。ドメインとはネット上の住所のことです。○○.jpとか○○.comというのがドメイン名です。このサイトはアフィリエイト学園.comですが、これがドメイン名になります。

ドメインを取得するためにはドメインを販売している会社から購入する必要があります。いくつかドメイン会社はありますが選ぶ基準としては値段と使いやすさの二点だけで大丈夫です。

おすすめのドメイン会社は、お名前.comとバリュードメインです。当サイトはお名前.com で取得しておりますが、正直どちらでも大丈夫です。好きな方を選んでください。個人的には、値段が安い方を選びます。(値段はキャンペーンなどで変動する場合があります)

お名前.comの公式ページはこちら

バリュードメインの公式ページはこちら

お名前.comでドメインを取得する方法については、別の記事を詳しく説明していますので、確認してください。

http://affiliate-gakuen.com/?p=153&preview=true

サーバーについて

次にサーバーと契約していきます。サーバーとは他のコンピューターにデータなどを提供するネットの繋がったコンピューターのことです。

イメージしずらいかもしれませんが、「サーバー」という土地を買って、「ドメイン」という家を建てるような感じです。

要はサーバーもドメインも必須ということです。

サーバーを提供している会社も複数ありますが、個人的には、3つの中から好きなものを選べば大丈夫です。

エックスサーバーの公式ページはこちら

さくらの公式ページはこちら

FUTOKAの公式ページはこちら

それぞれのサーバーごとの特徴を説明しますので、ご自身にあったものを選択して下さい。

エックスサーバーについて

エックスサーバーは高性能サーバーで一番おすすめです。自分が運営しているサイトが人気が出て、アクセス数が非常に多くなった場合、サーバーの能力が低いとサーバーが落ちてしまい、ユーザーがアクセス出来ない状態になってしまいます。その状態が頻繁に起こったとしたらどうでしょうか。

例えば、1カ月間で3日間もサーバーが落ちることがあった場合、10分の1の収益が失われてしまうのです。つまり、1カ月100万円稼ぐサイトだったら、10万円も機会損失になってしまうのです。それでは元も子もありませんよね。

だからこそ、Xサーバーはアフィリエイターに凄く人気があります。Xサーバーは1年間で約15000円の費用になりますが、Xサーバーでは1つのサーバーで30個のドメインを利用することが出来ますので、実はそんなに高くないのです。サイトアフィリエイターであれば、ドメインを30個以上所有していることは珍しくありませんので、全くデメリットがないんですね。

他の格安サーバーといわれる所もありますが、1つのサーバーで1つのドメインしか利用できなかったりもするので、複数のドメインを所有するのであれば、結局性能の高いXサーバーの方が良いという結論になります。

エックスサーバーの公式ページはこちら

さくらのレンタルサーバーについて

基本はエックスサーバーで問題ないのですが、エックスサーバーにも欠点があります。それは、エロ系や出会い系サイトを作ることが禁止されていることです。

出会い系のジャンルで稼ぎたいという人は、エックスサーバー以外のサーバーを利用しなければなりません。そこで、登場するのが、さくらのレンタルサーバーです。

さくらのレンタルサーバーは、それなりの性能なのにも関わらず、値段が安いというのが特徴です。しかも出会い系サイトの作成がOKなので、私も利用しています。

ただし、完全なエロサイトは禁止されていますので注意してください。

また、さくらサーバーの場合、1つサーバーを借りるのに低価格ですむのが魅力的です。年間1543円から利用できます。

ランニングコストをできる限り抑えたいという人は、さくらのレンタルサーバーから始めるのが良いでしょう。

さくらの公式ページはこちら

FUTOKAについて

FUTOKAは高性能のサーバーです。最大の特徴がアダルト関連のサイトもOKな所です。アダルト系のサイトを運営したい人は、FUTOKAを使う必要があります。

但し、高性能のサーバーだけあって、値段はちょっとお高めです。月額1980円~となっています。

アダルト関連のサイトというのはアクセス数が多いので、自然とサーバーも能力が高いものが必要になってくるんですね。

高性能のサーバーにしないと、サーバーが落ちてしまい、ウェブサイトが閲覧できなくなるという現象が起こるからですね。

したがって、エロ系のサイトを作りたいという人は、FUTOKAを利用しましょう。

FUTOKAの公式ページはこちら

ドメインとサーバーを取得した後はワードプレスを利用しよう

ドメインとサーバーを取得したら、次はワードプレスをインストールします。

ワードプレスは無料でブログやサイトを作れるツールです。

ワードプレスの公式サイトはこちら

ワードプレスはGoogleが推奨しているサービスのため、サイトを検索した時にワードプレスで作っているサイトの方が上位になりやすいのです。

他にもMovable TypeやHTMLサイトなどでサイトを作る方法がありますが、現状はワードプレスでサイトを作る方が良いので紹介しません。

ワードプレスのインストールについては、XSERVERやさくらのレンタルサーバー側で簡単にインストールしてくれるサービスがありますので、何かを覚える必要は特にありませせん。

XSERVERでもワードプレスのインストールの仕方を教えてくれています。

XSERVERでのワードプレスのインストール方法

サイトのデザインについて

ワードプレスをインストールしたので、後はどんどん記事を書いていけば、OKです!と言いたのですが、その前にサイトのデザインを考えないといけません。

ワードプレスをインストールした後のサイトは、もの凄くシンプルなデザインの状態です。(シンプルというよりも何もない状態)

そこで、サイトにオリジナリティを出すために、サイトのデザインをしましょう。デザインすることでサイトが見やすくなりますし、検索上位に行きやすかったり、売上も上がりやすくなります。

ですが、サイトのデザインなんて出来ないよという人もいることでしょう。そこで既に完成されているテンプレートを利用してサイトを作っていきましょう。

テンプレートには、無料のものと有料のものがあります。無料のものはワードプレス側で提供しています。しかし、有料のテンプレートを使う方が得策です。

有料のテンプレートを使う理由は2つあります。1つ目はSEOに強いということです。無料のテンプレートの場合、デザイン的には問題ありませんが、HTMLの中に検索結果を上位表示するのに邪魔なコードが入っていたりするからです。特に無料テンプレートの中で多いのが、無料テンプレートを作成した人の広告文が入っていたりすることです。広告の中には、作成者自身のサイトに誘導したり、検索結果を上位にしやすくするための施策がとられている場合があるのです。その結果、あなたのサイトは検索結果で上位に上がりずらくなるということがあります。

2つ目は、カスタマイズしずらいということです。自分好みのサイトを作る際に、テンプレートを元にカスタマイズする必要が出てきます。しかし、あなたがカスタマイズしようと思ったとしても、カスタマイズのやり方が分からないということが出てくるはずです。ネットでカスタマイズの方法を検索しても、出てこない場合が多いです。しかし、有料のテンプレートであれば、提供元に質問することが出来ますし、カスタマイズの方法を詳しく書いているサイトがあったりします。なので、自分の理想のサイトを実現しやすいのです。

では、有料テンプレートにはどのようなものがあるのかということですが、基本的には「賢威」で良いでしょう。この「アフィリエイト学園」も賢威で作られています。

賢威の公式サイトはこちら

賢威の何が良いかというと、SEO対策済みのテンプレートでカスタマイズが楽だからです。賢威を作成している株式会社ウェブライダーさんは自身でアフィリエイトサイトを運営しており、実際に成果も出ています。成果が出ていることはアフィリエイターにとって重要な指標となります。また株式会社ウェブライダーさんが検索上位するためのSEO講座も無料で閲覧出来ますので、非常にお得です。特にSEO講座はなかなかの代物で、今も私がサイトを作る際に参考にさせていただいています。

また、賢威にはフォーラムがあり、カスタマイズの方法を教えてくれています。賢威を利用しているユーザーも多いので、カスタマイズ方法を教えてくれているサイトもあります。自分が作りたいサイトを実現するための環境は整っているのです。

まさにアフィリエイターにとっては痒い所に手が届く有料テンプレートなのです。

他にも有料のテンプレートは複数存在しています。

AFFINGER4

SIRIUS

AFFINGER4は中上級者向けのテンプレートになっており、カスタマイズが少し難しいのが特徴です。なので、アフィリエイト初心者のうちは使用しない方が良いでしょう。

沢山のサイトを持って、賢威に飽きたり、違うデザインのサイトを持ちたいなという時に改めて検討してみると良いでしょう。

SIRIUSはHTMLサイトを作るテンプレートになります。ワードプレスには対応していないのが残念ですが、もし沢山のサイトをどんどん作りたいという人には最適なテンプレートです。

記事を書いていく

サイトのデザインも決まったら、サイトタイトルを決定し、いよいよ記事を書いていくことになります。記事の書き方についてはまた別の記事で説明していくことになります。

最初のうちは記事の質にはあまりこだわらなくて良いですから、どんどん記事を書いていきましょう。

目標としては100記事です。まずは100記事を書いてください。とにかくひたすら記事を書いてください。記事を書き始めて最初の内は、書くことがあってスムーズに記事を書けるかもしれませんが、記事を書くに連れて、ネタがなくなり、記事が書けないということが起きてしまうかもしれません。

しかし、それでも記事を書かなければいけません。そこで、記事を書くためにリサーチをすることが必要になってきます。記事を書きながら、自分で書いていて難しい用語が出てきたなと思えば、次の記事でその用語を掘り下げて説明した記事を書くこともできますし、広告主のサイトを見ていて、補足説明が必要だなという言葉があれば、それを詳しく書いても良いです。

リサーチ方法は沢山あるので、また別の記事で説明していきますが、ひとまずは手を動かすことを辞めないように意識してください。

100記事1000記事といった先に月数十万円数百万円という数字が見えてきます。