アフィリエイトサイトのジャンルとテーマについて

アフィリエイトを始めるためには、参入するジャンルやテーマ、商品を決めることから始めましょう。

特にアフィリエイト初心者の人が失敗しやすい理由の一つとして、参入するジャンルを間違えたということがよくあります。参入するジャンルを間違えた理由としては、自分の興味のない分野に手を広げてしまったという人が多いです。

結局、サイトの更新が継続できなかったため、大きな報酬を得ることもなく、アフィリエイトから遠ざかって行った人が数多くいます。そこで、そのような失敗を起こさないためにも、ジャンルの選定というのは、しっかりと慎重に決めるようにしましょう。

と言っても、ジャンルの選定方法は分からないと思いますので、もう少し説明していきます。

アフィリエイトのジャンル

ジャンルには、本当に色々な分野が存在しています。

エステサロン

スキンケア

ヘアケア

ボディケア

メイク

洗顔・クレンジング

美容外科(メンズ)

美容室

脱毛エステ(レディース)

脱毛エステ(メンズ)

育毛剤(メンズ)

育毛剤(レディース)

シャンプー

ヘアオイル

カラートリートメント

医療脱毛

美容整形

青汁

酵素

酢・黒酢

グルコサミン

プラセンタ

コラーゲン・ヒアルロン酸

乳酸菌(便秘関連)

にんにく

消臭

お茶

葉酸・妊活

ダイエットサプリ

DHA・EPA

オルニチン・しじみ

キッズサプリ

筋肉サプリ・プロテイン

金融

キャッシング

クレジットカード

ローン(キャッシング以外)

銀行口座

外国為替(FX)

株式・証券

先物取引・投資

くりっく365

保険

自動車保険

生命保険

保険相談

ペット保険

その他保険

ファッション

メンズファッション

レディースファッション

コンタクト

眼鏡・時計・小物

飲料

ウォーターサーバー

アルバイト・パート

人材派遣

一般転職(優先)

専門転職(看護・医療)

専門転職(アパレル)

専門転職(その他)

医療

レーシック

医療

車検・車買取査定・購入

ダイエットグッズ(衣料含む)

雑貨・家庭用品

AV・家電

家具・インテリア

ショッピングモール

動物・ペット

嗜好品

SIM

債務整理・士業(優先)

探偵事務所

結婚・育児

結婚相談・婚活

ウエディング

マタニティー・ベビー旅行

高速バス

ホテル

レンタカー

旅行

住まい

太陽光発電

賃貸

分譲

リフォーム・引越し

花・ガーデニング

グルメ・食品

ダイエット食品

食材宅配

食品・産地直送

学び

免許

資格・通信講座

学習教材

専門・各種学校

塾・家庭教師

語学・留学

IT・ネットワーク

プロバイダ

レンタルサーバ

ショッピングカート

エンターテインメント

本・雑誌

映画・音楽・動画

趣味・スポーツ

オンラインゲーム

コミュニティサイト

ポイントサイト

買取

などがあります。

ジャンルの選定方法

では、これらのたくさんあるジャンルの中で、どのジャンルを選んで、サイトを作っていくべきなのでしょうか。

サイトのジャンルを決める時には、3つのポイントがあります。

①サイトを継続して更新できるか

②需要はあるのか

③掲載する広告はあるのか

①サイトを継続して更新できるか

サイトは継続して更新したり、修正したりしなければ、いずれライバルに追い越されてしまい、検索順位は下がり、報酬も発生しなくなります。したがって、知識もないし、興味もないサイトを作成してしまうと、サイトを維持し続けることが難しくなってしまいます。

継続してアフィリエイト報酬を得たいと考えている人は多いと思いますが、その場合は、サイトに愛情を持って継続更新できるかどうかを判断基準として考えてみてください。

アフィリエイト上級者になると、仕事と割り切って、サイトを作成する人も多いと思いますので、そういった方は興味に関わらず、黙々とサイトを作り続けるのが良いでしょう。

②需要はあるのか

どんなに自分が興味があって、サイトを更新し続ける自信があるジャンルを選べたからといって、自分が選択したジャンルに需要がないとアフィリエイト報酬は発生しません。

なぜなら、自分のサイトに訪問するユーザーも少なくなるため、1件あたりの報酬単価が高くない限り、成果件数が少なくなってしまうので、全体として得る報酬は少なくなってしまいます。

自分が選んだジャンルがニーズがあるかどうかをチェックするには、キーワードトレンドツールやキーワードプランナーを参考してみると良いです。上記のツールを利用すれば、どれくらいの人がそのジャンルに興味を持っているか検索回数を調べることが出来ます。

③掲載する広告はあるのか

継続して更新できそうなサイトにもなったし、ユーザーの訪問数も多そうだぞと意気込んだは良いものの、これだけではアフィリエイト報酬がもらえるかはわかりません。

その通り!作ったサイトに掲載する広告があるかどうかをチェックする必要があります。

もちろん、掲載する広告を選ばなかったら、何でも広告を貼り付けることは出来ますが、ほとんどアフィリエイト報酬が発生することはないでしょう。

やはりアフィリエイト報酬をきちんと得るためには、自分が作成したサイトのテーマに関連した広告を掲載することが重要です。ASPで関連したジャンルの広告があるかを調べましょう。

アフィリエイトBで広告を検索してみる

サイトのターゲットを決めよう

これまででサイトのテーマとジャンルを決めてきました。

次に必要なのは、ウェブサイトを読んでくれるターゲットを絞りましょう。

なぜなら、せっかくサイトを立ち上げても読んでくれるユーザーが異なるとすぐにユーザーはサイトを離れてしまいます。

特にネット上では、ユーザーの離脱は顕著にあらわれやすく、またターゲットを絞った方が売り上げが上がりやすいのです。

ターゲットを絞らず、幅広くユーザーを囲ってアクセス数を稼ごうとする人がいますが、アドセンスにおいては有効な手段ではありますが、ことアフィリエイトにおいては、間違った手法になることがデータとして出ています。

したがって、サイトのターゲットを決めましょう。

サイトのターゲットの決め方

では、サイトのターゲットの決め方なのですが、幾つかの判断基準を設けましたので、参考にしてみてください。

①性別

②年齢

③悩みの深刻度

④悩んでいる内容

などです。

①性別

その名の通り、性別です。男性なのか女性なのかを決める必要があります。

例えば、男性向けの育毛剤なのか、女性向けの育毛剤なのかで商品も違いますし、もちろん求めている機能も違います。

また、男性向けの恋愛情報なのか、女性向けの恋愛情報なのかで、提供して欲しい情報が全然異なります。

したがって、まずは性別を決めましょう。

②年齢

性別を決めたら、次に年齢を決めましょう。

10代の若者向けの記事なのか、60代の高齢者向けの記事なのかで、求めているものは当然違います。

20代前半なのか20代後半なのか、もしくは33歳などといった具合にピンポイントでターゲットを絞っても良いでしょう。

例えば、婚活市場における20代後半の女性と30代前半の女性では、全く扱いが異なることになります。

その辺りをしっかりと想定しながら、ターゲットを絞りましょう。

③悩んでいる内容

アフィリエイトをするためには、サイトに訪問してくれたユーザーの悩みを解決する記事を書かなければいけません。ユーザーは疑問や悩みや気になっていることがあって、初めてサイトに訪れようとします。

反対に、ユーザーが何の悩みや疑問もなかったら、そもそも検索活動すらしませんよね。SNSとかをただ上から下に眺めるだけなら別ですが・・・。

ですから、サイトに訪問してくれるユーザーの悩みは何なのかを考える必要があります。

④悩みの深刻度

サイトに訪問してくれたユーザーの悩みがどのくらい深刻なものかを理解することも非常に重要です。

例えば、育毛を例にすると、最近薄毛が気になり始め、まずは良いシャンプーを使おうとするくらいの悩みなのか、それとも育毛剤を使い、毛を生やそうとする段階なのか、AGA治療などのもっと重度な悩みなのかによって、サイトの文章は異なるはずです。

もちろん、紹介しなければいけない商品も異なりますよね。

したがって、自分のサイトに訪れてくれるユーザーの悩みの深刻度を理解する事は必須と言えます。

最後に

これまで、アフィリエイトの参入すべきジャンルや、サイトのターゲットの決め方について話をしてきました。そこで、最後にこれまでの知識をまとめて、実際にアフィリエイトサイトに参入するときの具体的な例を紹介して終わりにします。

ぜひ、サイト作成の参考にしてみてください。

〜具体例〜

今、自分は20代の無職だ。正社員でもバイトでもいいから、とにかく働かないといけない状況だ。

そこで、自分が今関心があるのが、バイトや転職に関するアフィリエイト案件なら興味があるし、記事もかけそうだ。

サイトを作成しながら、面接に合格するための知識やテクニック、美味しい職場やブラックな職場についても調べることが出来るぞ。

よし、今回は、転職・アルバイト系のサイトを作成して、アフィリエイト広告を紹介していこう。

早速、サイトを作る前に、本当にアルバイトの案件で稼げるのだろうか?稼げるとしたらいくら稼げるのか調べてみよう。

アルバイトのアフィリエイト広告で稼いでいる人は1サイトMAXで50万円くらい稼いでいるらしい。調子が悪い時でも10万円以上は稼いでいるらしい。

※もし、どのジャンルでいくら稼いでいるのかを知りたい場合、afbさんなどの担当者に直接聞いて確認してみると良いでしょう。

afbの公式ホームページはこちら

稼げることも分かったし、サイトのユーザーを絞り込んで、サイトの中身を充実させていこう。

サイトのターゲットは、自分と同じ立場の人だと記事も書きやすいし、悩みもよくわかるので、同年代を狙って作ることにしよう。

・ターゲット=20中盤の男性

・大学卒業後、就職はしたもののなんらかの理由で退職してしまった

・現在、職探し中で、正社員に採用される前に食いつなぎとして、アルバイトを探している

・アルバイトの内容は、高時給だけど、楽な仕事が希望

などと設定してみます。

次にコンテンツの中身について、もう少し考えておきます。

・可愛い子がいるアルバイト先はないかな

・女性が多い職場がいいな

・資格が取れたり、今後の仕事に役立つ仕事がいいな

・日払いや服装自由の職場がいいな

など、それぞれのポイントに注目して、コンテンツを作成していこう。

と言う具合に、あらかじめサイトのジャンルとユーザーを想定して、サイトを作成していきましょう。

もちろん、あくまで仮説の状態でサイトを作成しているので、実際に運営していく中で、アクセスがうまく伸びなかったり、報酬が伸びないということがあるかもしれません。

その都度、サイト分析ツール(Googleアナリティクス、Googleサーチコンソール)などを使って、サイトを修正していきましょう。分析することで自分では予想もしていなかったキーワードから、アフィリエイトが成約することだってあります。

サイトは作ってからの、加筆・修正がもっとも重要です。

頑張りましょう。