あふぃりえいと 基礎講座

アフィリエイトを行うにあたり、注意しておかないといけないことがあります。

それは【法律に違反する行為】と【不正行為】です。

この2つの行為は知らなかったでは済まされませんので、絶対に気を付けてください。

 

上記の行為が発覚すると以下のようになる場合があります。

・ASPの強制退会

・広告主と提携解除

・報酬の支払ストップ

・支払済の報酬の返還

・法令違反による処罰

 

特に最悪の場合、警察にお世話になることがありますので、注意が必要です。

 

主に法律に違反する行為の中でも、アフィリエイターが犯しがちなものを挙げてみます。

・薬機法(旧薬事法)

・健康増進法

・誇大表現

・虚偽

・著作権侵害

 

薬機法は、以前は薬事法という名称の法律でしたが2014年11月25日に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という名称に変更となったため、「薬機法」と呼ばれるようになりました。

薬機法に関係しているジャンルは以下のようなものがあります。

・医薬品(薬)

・医薬部外品(薬用化粧品・ドリンク剤)

・化粧品(コスメ・ボディケア・ヘアケア)

・美容機器

・医療機器(脱毛機・美顔器)

・健康食品(サプリ・ダイエット食品)

薬機法は健康食品を医薬品などと間違えないように防ぐための法律です。

似たような法律に健康増進法というものもあります。

2つの法律では、記事などの表現方法を気を付けるようにしてください。

例えば、化粧品では、「シミやしわが消えます」というように、商品や成分の効果効能、増強・増進等を表現することは禁止されています。

また健康食品では、病気や疾患の予防や治療などを表現することは禁止されています。

上記の表現を守らないと、いくら責任が薄いアフィリエイターであろうと、逮捕や罰金になる場合があります。

 

誇大表現は、事実とかけ離れるくらいおおげさに表現することです。特に、最高などといった表現は避けるようにしましょう。

虚偽は、真実ではない嘘の表現をすることです。

 

著作権侵害は、他人のサイトから記事や写真などをコピーして自分のサイトに掲載する行為です。著作権侵害になりますので、辞めましょう。

但し、引用するのであれば、法律的に問題ない場合もありますので、確認しましょう。リライトなどは正しく行えば問題ないので、注意して行うようにしましょう。

不正行為は、クライアントからの報告やユーザーからのクレームなどで発覚し、ASPの退会や報酬の支払ストップ、支払済の報酬の返還などの措置を受ける場合があります。

 

上記のような点に気を付けてアフィリエイト活動を行う必要があります。

正しくしっかりとアフィリエイト活動をしていれば、別に不正や違法な事をしなくても、きちんと稼ぐことが出来ますので安心してアフィリエイトに取り組んで下さい。